自分に合ったダイビングショップと託児サービスを探そう

ショップ選びに失敗しない7か条

ピザが食べたいのにラーメン屋には行かないですよね?ダイビングも同じです!(2017/11/20)




 突然ですが、パスタやピザが食べたいときに、ラーメン屋には行きませんよね。パスタやピザが食べたいときは、イタリアンのお店に行きます。

 それと同じように、スキューバダイビングも目的に合ったお店を選ばないと楽しめません。例えば、ライセンスを取得するなら、スキルアップを重視している体育会系のショップ。のんびりとファンダイビングを楽しみたいのなら、リゾート系のショップを選ぶことが大切です。

 本サイトに投稿されているクレームの多くは、自分がやりたいダイビングスタイルと、ショップのダイビングスタイルが合っていないことが原因です。例えば、のんびりとマイペースに潜りたいのに、上級者向けのガンガン系のショップを選んでしまったら、のんびり潜れませんよね。
 
 また、個人経営や家族経営のショップが多いのも、ダイビング業界の特徴です。個人経営のサービス品質は、オーナーの人柄やスキル・接客態度に左右されます。飲食店であればシェフの性格なんて関係ありませんが、ダイビングではオーナーや店長の人間性が重要になりますす。

 このように、ダイビングショップを選ぶときには、「自分のダイビングスタイルに合っているか」「オーナーやスタッフと気が合いそうか」を、しっかりとチェックする必要があります。わたしが、ショップを選ぶときにチェックしているポイントを、「ダイビングショップ選びに失敗しない7か条」としてまとめてみました。この7か条を参考にして、自分のダイビングスタイルにあったダイビングショップを選びましょう!


次は、ショップの基本スタイル

 1   2   3   4   5   6   7   8 




関連グッズ

関連記事






沖縄エリアのショップを探す

伊豆エリアのショップを探す

海外リゾートのショップを探す

首都圏のショップを探す

関西・九州のショップを探す

大人の海デートを探す